肌荒れの原因

先化細胞は約28~42日間隔で入れ覆り、健康な肌を保っていらっしゃる。こういう肌の新陳代謝のことを「ターンオーバー」と言います。

ターンオーバーが正常に行われないと、保湿がうまくできなくなります。肌のバリアー反応も薄れるので、外の励みを受けやすくのぼるという原因です。

つまり、ターンオーバーが充分できれば肌は壮健でいられるという所。ターンオーバーをくずす原因はいくつもあり、複数の理由が重なって肌荒れが起きているケースがぜんぜんです。

肌荒れを割り出す外的理由

次のような外の励みによって肌荒れが起こります。

時季

温度の変化は肌にストレスとなります。時期の変わり目など、温度差が酷い年代は注意が必要です。また、空調や暖房の行動による屋内外の温度格差も肌にはストレスです。冷暖房を使用すると気分も乾燥するので、行動の際は気温だけでなく湿度にも気を配るようにしましょう。湿度が50%以下に陥る冬場は、乾燥により肌の保湿に必要なバリアー反応(角質層)が壊れ易くなります。

花粉が飛散する年代には花粉症皮膚炎になる可能性があります。

UV

UVは日差しの著しい夏場や晴れた日だけでなく、冬場でも曇りの日でも常に降り注いでいらっしゃる。外出する際にはとにかく日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めが汗で流れ落ちてしまうことが多いので、適度に塗りなおすことも忘れないようにします。日焼けは、やけどとおんなじです。達する苦痛がでかいので、UVから肌をじっと守りましょう。美容液のような化粧水をお探しならコレ!