美肌に必要な成分のコラーゲンやセラミドが…

これらの成分がどのように肌へ浸透し、作用するのか…。そういう成分の収穫や肌の方法まで理解してスキンケアをやるヒトは、あまり多くはいません。

実は、皮膚の構造をわかるだけでも、自分のお肌の状況が一層把握できるようになります。最近使っている化粧品がどのように作用しているのかがわかります。また、自分に見合う化粧品や合わない成分、一段と細かい肌レベルなどもわかるように変わるので、お肌の構造については頭に入れておくのが推薦です。

一般に皮膚と呼ばれている部分は「皮膚」「真皮」の2クラス構造になっています。その厚みはわずか0.4~1.5㎜身近。「お肌をこすってはいけない」ととことんいいますが、それはこういう薄さゆえ。お肌は桃の皮のようにないので、手厚く丁寧に扱わなければならないのです。

皮膚の収穫

こういう皮膚の取り分けわずか0.3㎜程度の「皮膚」は一番内側から「基底クラス(きていみたい)」「有棘クラス(ゆうきょくみたい)」「顆粒クラス(かりゅうみたい)」「角質クラス(かくしつそんなに)」とだんだん変化し、最後は皮膚の一番外に起こる角質クラスとなり、一定のターム留まった後に剥がれ落ちていきます。皮膚は生まれてはがれ落ちるまで、約はじめヶ月のペースで再生されていて、これを「ターンオーバー」と呼びます。おすすめの化粧水はホスピアップです